単身の引越しの見積もりをどう見るか

単身の引越しの見積もりを見る時には、その内訳をしっかりと見ておきましょう。料金を決める上では、人件費、トラックの代金の2つが大きなポイントとなります。人件費はスタッフ1人あたり1万円くらいが相場になります。大手では最低でも2人は作業員がつくので、どんなに料金が安くても2万円はかかると考えておきましょう。トラックの代金は、2トントラックを使うのか、軽トラを使うのかなどによって大きく変わってきます。他には、エアコンの取り外しなどのオプションサービスをつけると、上乗せ料金がかかります。大手を利用すると、ワンルームマンションでいくら荷物が少なくても、3万円は最低でもかかるでしょう。中小規模の会社を利用すれば、2万円以下に抑えることも可能ですが、それは小さな規模の会社ではコストを抑えるためにさまざまな工夫をしているからです。

総額費用だけでなく、内訳も確認をする

単身引越しでは、いくつかの業者に見積もりをとってもらった後で、総額費用が安いところに依頼をするという人が多いようです。担当者の対応が良かったり、サービスが良かったり、他に利用したいと思える要素があったら、料金が高い業者に依頼をするという人もいます。総額費用だけでなく、内訳も確認をするようにしておけば、値下げ交渉で役に立つかもしれません。例えば、トラックの台数が2台と書かれていたら、荷物をもう少し減らすのでトラックの台数を1台にして、料金を下げてほしいと交渉をすることができます。あるいは、スタッフの人数が3人と書かれていたら、自分も荷物を運ぶのを手伝うようにしたり、大きな家具は当日までに処分をしておくことで、スタッフの人数を2人まで減らせて、大きく料金を下げられる可能性があります。

それでも料金が高い場合にできること

複数の業者から単身引越しの見積もりをとってもらったが、どこの業者でも料金が高く、納得ができないということが起きることもあります。例えば、3月の引越しシーズンなどには、どこの業者でも繁忙期となるので、料金がかなり高くなってしまいます。そのような時には、タイミングをずらして、繁忙期を避けるという方法が1つにあげられます。シーズンが終わって業者が暇になれば、安い料金でも依頼を受けてくれるようになるでしょう。あるいは、単身で荷物が少ないならば、運送業者を利用するという手もあります。ダンボールに荷物を詰めて、宅配便で送ることで、かなり安くすませることができます。業者は小さな会社も含めたらとてもたくさん存在しますので、諦めずにもっとたくさんの業者で見積もりをとるという方法もあります。